<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昔のきもの展 「あでやかなりし時」

遅くなりましたが、記事UPいたします。m(  )m

12日(日)、13日(祝・月)の2日間、ラピュタ蔵にて、「昔のきもの展-あでやかなりし時-」を開催しました。

c0127505_2019856.jpg

1階。昭和初期の婚礼衣装を中心に。。。

正面は打掛。左横は丸帯。その横は青地大振袖。
黒地大振袖は当時の婚礼衣装です。

下隅に小さく写真がありますが、昭和12年(母方の)祖父母の婚礼写真。
これを見ると、振袖を3枚重ねて着ているのがわかります。

c0127505_20191784.jpg

70年前の証拠写真に、「へぇ~」。

c0127505_20192318.jpg

こちらも証拠写真付き?のレンガ色大振袖。
これはどうも2枚重ねで着ているようですが、何かは不明。。。

四季折々の花が描かれています。
葉っぱが青だったり、紫だったりと、デザイン的にも面白く、見ていてもあきません。

c0127505_20193094.jpg

こちらは、2階。

正面2枚のピンク地とエメラルド地の訪問着(?)は父方の叔母のもので、いつ頃のものか不明。

祖母よりは若い年代なのですが、
「戦時中にはこんなものはつくれなかった(お客さん談)」とのことで、
戦争前に仕立てておいたのかとも思います。

特に凝っているのは、エメラルド地のもの。
地模様が橘。うちの家紋も橘。
ひとつ紋は印伝みたいな仕上げがしてありました。

c0127505_20193648.jpg

羽織や道行コート。丈の長さで時代がわかります。
また、羽織の裏地が凝っているのも、きものならではの「おしゃれ」。

c0127505_20194386.jpg

黒の長羽織の刺繍はそれは見事。
サテンステッチ(和名?)でつた模様みたいなのが刺してあります。
気が遠くなる、手仕事。。。(@o@)

竹柄で紫の絞りの羽織は仕立て直してあり、短い丈。
祖母(長)→母(短)→わたし(?)。

時代が変わっても、着続けられます。
きものって、すごい!

手前は「四季の帯いろいろ」。
紫色の鉄線柄夏帯が一番人気、でした。(^_^)

c0127505_20195071.jpg

そして、こちらが今回一番の「おーるど」さん!

明治時代(たぶん)の打掛。
じみぃーーーーいですが、たぶん婚礼衣装、だと思います。

いろいろと調べてみたのですが、織の打掛って普通にあったものなのか、
わからなかったので、今後も要調査です。

下のふき(おふとんみたいなところ)も裏地も真っ赤。
ちょっと身(綿)がでてしまってるところもありますが、
それは時代、ということでお許しを。。。

最初箪笥から出して見たときは、濃いグレーでなんとも。。。と思ったのですが、こうして衣桁にかけ、照明を当てると、織り出された「扇子」や「巻物」、「鶴」などが浮き出て見え、とても「ごーじゃす」に感じられました。

考えれば、その当時電気なんては煌々とついていなかっただろうと思われ、
ろうそくなどの薄明かりには、かえって効果的な文様だったのではないかと。。。

どれも推測で、詳しいことはわかりませんが、こうしてきものとしてかたちが残っているだけでも、すんばらし~い!と、あらためて大切にしてきた人たちの思いと、それを作り出した職人さんの技に、感謝&感激しました。(^人^)

c0127505_2020222.jpg

こちらは、窓辺に飾った「羽織紐と帯留め」。

羽織紐は色違いがあったりして、ここらへん「どっちの色もいい~、まよってまぅ~(><)」ってのは、孫のわたしにも引き継がれているようで。。。

帯留めは自作です。あ、色違いで作っています。(黒と赤)(^△^);

c0127505_2019566.jpg

蔵の横で、ほっと一息。
でもこのあとありがたいことに、お客様が立て続けに来られ、美味しいコーヒーも飲みかけになってしまいました~

両日ともお天気に恵まれ、きもの姿の団体さまも来られたりと、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

ちなみに団体さんは、きも来でゲスト出演された「明かり庵」さんのお客さまたち。

13日(祝・月)にアンティーク食器を使ったお茶会を企画され、そのあとにきもの展見学もセットしてくださったのです!うれしい限り!

こうして、どんどんと「きもの仲間」が増え、武生の町にきもの姿の方が自然に集まるようになったら、素敵だな~と心から楽しみにしています。

ということで、1週間遅れましたが、「きもの展」のレポートでした。(えるば)
[PR]
by laputa21 | 2008-10-13 20:23 | 昔のきもの展

おとなの遠足 「村国山満喫の会」

本当は昨日11日の予定だったおとなの遠足。翌12日に急遽決行!さわやかな空のもと、秋風を感じながら村国山の散策を楽しみました。
c0127505_1384680.jpg
親子連れもいたりして、「市民に親しまれている山なんだ」ってかんじながら、登りはじめました。村国山は低く適度な坂なので辛くないのがうれしい!
c0127505_1394175.jpg
久しぶりに展望台で武生を眺める。お地蔵さんに見送られ、頂上を目指します。
c0127505_139951.jpg
c0127505_1385166.jpg
食べられるか食べられないかは関係なく実のもの好きにはたまらない。秋の村国山にはかわいい実のものがいっぱいです。赤、青、茶。丸くて、かわいい。山栗はすべて食べられた後でした。残念。
c0127505_1391482.jpg
c0127505_1392056.jpg
c0127505_1393715.jpg
まもなく頂上です。残念なことに、まわりは木が生い茂り、あまり展望は楽しめません。頂上付近にはいくつも古墳があるのが分りました。
c0127505_1385863.jpg
池が二つ。小さい頃はよく来たな。
c0127505_1393278.jpg
次回は、パワーアップ!カフェ班が山頂でコーヒーを淹れてくれるそうです。村国山でミントも見つけたので、ハーブティーもOKです。茶道を習っているメンバーはお抹茶もたててくれるようで、野点もOK。おとなは贅沢なのだ!
c0127505_1394592.jpg

[PR]
by laputa21 | 2008-10-12 20:08 | おとなの遠足

村上裕介造形展 -木ヨリ高キ草-

11日から開催中の村上裕介造形展に行ってきました!
さっそく恥ずかしがりやの鹿がおでむかえしてくれました。
c0127505_1141912.jpg

2階の会場に向かうために階段をのぼると、「あれ、藁の塊?」
c0127505_1144486.jpg

奥の部屋では天井から細い藁縄がゆらリゆらりと浮かんでます。枝分かれして、揺れている藁を見ていると、藁が生きているような不思議な気分になってくる。
c0127505_1143682.jpg

子どもたちは「あっ!ドラゴンだ!」といって、床にまかれたワラスベと戯れはじめた。とっても楽しそう。
c0127505_1142621.jpg
c0127505_1145447.jpg
c0127505_1143176.jpg

ラッキーなことに、村上さんの友人二人が太鼓を持って遊びに来て、即興演奏の始まり始まり♪ 村上さんはオカリナで参加。 このときだけのユニットが出来上がりました。
c0127505_1135989.jpg
c0127505_114672.jpg
c0127505_1145966.jpg

[PR]
by laputa21 | 2008-10-12 19:02 | 村上裕介造形展

魂に響く 「倍音ほぐしワークショップ」 with キャンドルナイト

 いよいよ当日、3時から会場準備と進行打ち合わせ。いつもヒーリング系のCDをバ
ックにカラダほぐしをしていますが、今回、かねてから考えていた倍音ユニットのお
二人とのコラボです。大勢の方の申込みがあり、結局定員26名集まっていただいてス
タート。

c0127505_8314517.jpg

 第一部は、オリエンテーションと簡単なストレッチから始まり、「背骨揺らし」を
メインに。左右、前後、左回し、右回しを繰り返しながら、倍音の演奏を交えて気功
状態に促します。
 次に二人ペアで背中への「タッピング・タッチ」。短い時間でしたが、リズミカル
な演奏を背景に、一気に場が明るくなってほぐれていきます。
 そして、フリースタイルの背骨揺らし。みな自由にカラダを動かしながら、クリス
タルボウルの心地よい音色と波動がカラダ全体に浸みわたっていく感覚。陶然とした
味わいです。

c0127505_8315282.jpg

 第一部の終わりにお二人からそれぞれの楽器説明。明宇さんのいろんな民族楽器、
ミキさんからクリスタルボウルの説明をしていただきました。休憩時間にはお二人の
前に早くも人だかりが..。

c0127505_832426.jpg


 第二部は、全員で輪になって簡単な気を回してから「倍音瞑想(声明)」。今回ど
うしてもやりたかったメニューです。大勢で真言や母音を発声しながら、その倍音の
響きを楽しみます。二番目にした「ウオアエイ」のパターンはやや慣れなかったかも
しれませんが、最初の入門的な「アオム」のマントラでは、多くの方がすごくよかっ
たと言われました。
 倍音ユニットの演奏を交えつつ、各自で好きな音の高さと息の長さで声を出し続け
ていると、会場全体が何と言えぬ波動の渦が充満していきます。終わって無音状態の
ときの音にならないカラダのバイブレーション。まさに空間全体が喜んでいるかのよ
う。

 締めくくりに、皆横になってもらって、お二人の倍音演奏をじっくり聴いてもらい
ました。完全にお休み状態の人もちらほら。もう少し長く演奏時間がとれていたら、
もっとお休みいただけたかも。
 ゆっくり起きあがってもらい、立ち上がって、最初のときとカラダがどう変化した
か味わってもらいました。すっきりした、楽になった、と何人かのうれしそうな声。
 
 終了後は、全員が帰らずにしばしお茶と和菓子で和んでいただき、心地よい波動の
余韻を愉しんでおられました。
 お手伝いいただいた常連の方、キャンドルをお借りした金剛院さん、そしてご参加
いただいた皆様には大変感謝です。アンケートでも大変好評だったようで、是非第二
弾をどこかでまた企画したいと思っています。定例の会(11/13)にもどうぞまたお
越しを。
 ありがとうございました。
[PR]
by laputa21 | 2008-10-09 21:24 | 倍音ほぐしワークショップ

歌声喫茶

毎月第1日曜日の午後4時から6時まで、ラピュタで開催中の「歌声喫茶」。
c0127505_14335100.jpg
c0127505_23374392.jpg

[PR]
by laputa21 | 2008-10-05 23:36 | 歌声喫茶

雑っこクッキー

c0127505_23343131.jpg
c0127505_23343630.jpg

[PR]
by laputa21 | 2008-10-05 23:32 | 雑っこクッキー

きものde来武 「なよ竹の」

なよ竹の風にまかする身ながらも 曲がらぬ節のあるとこそ知れ   (さいごうたのも)の妻千重子
c0127505_23231422.jpg
c0127505_23232431.jpg

c0127505_23382274.jpg

c0127505_2340255.jpg

[PR]
by laputa21 | 2008-10-04 23:17 | きものde来武

おむすびころりん演奏会

ラピュタotonaの文化祭、今年もはじまりましたっ!

1日(水)より、「武生今昔物語」と題しての写真展を皮切りに、5回目の今回も「武生の暮らし方~衣・食・住~」をテーマにして、いろいろな企画をお届けします。

本日3日(金)は、府中町屋倶楽部で「おむすびころりん演奏会」が行われました。

地元の「お米・天然塩・梅干し」を使ったおむすびと、フルートの演奏のコラボという、最初はいったいどんな企画?と思われた会でしたが、いやはや参加してみてその「つながり=結び」に、びっくり!

まずは、最初にフルートの演奏にしばしうっとり。。。演奏は河原さん。(このときは素敵なブルーのドレスで。)

c0127505_23293280.jpg


その後、「塩にぎり」を味わって、ひとしきり。
ぴかぴかと美しいおむすびは、上坂さんという「日野自然学校」のメンバーの方が作ってくださいました。

次は、あの「森のイスキア」で有名な佐藤初女さん直伝の「おむすびの握り方」を。
ラップを使って、ひし形にご飯を置き、その真ん中に梅干しをおいて、ふんわりと握る。
そうすると、ご飯粒がほどよくくっついた、あんばいのいいおむすびが完成!

c0127505_23301450.jpg


実は、防災士の資格もお持ちの西野さん。

万が一のとき、さっとおむすびがつくれることも大事、となかなか奥の深いコメントもはさみつつ。。。へェ~

今回のおむすび体験には、玄米と酵素玄米の二種類を用意してくださって、その特徴などについても、経験談などを交えて、楽しくトークしてくださいました。

c0127505_23311180.jpg


そして、おなかもいっぱいになったころ、再びフルートの演奏。(このときは、なーんと赤いもんぺ?姿にっ!)

c0127505_23293280.jpg


昔なつかしい童謡などは、河原さんお手製の歌詞カードを手に、「歌声喫茶ならぬ、歌声おむすび?」。

河原さんもトークが絶妙で、リクエストにもさっと答えつつ、何曲も演奏してくださいました。

しっとりと秋の夜長に、おなかもこころも満たされる、とてもあたたかい会となりました。

素敵な企画をしてくれた、西野さん、河原さん、上坂さん、どうもありがとうございました~♪

*とりあえず文章のみ、UPしました! (えるば)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
明日4日(土)は、恒例の「きものde来武」です!
まだお席に余裕がありますので、ぜひという方はご連絡を~♪
[PR]
by laputa21 | 2008-10-03 22:53 | おむすびころりん演奏会