きものde来武 「なよ竹の」

なよ竹の風にまかする身ながらも 曲がらぬ節のあるとこそ知れ   (さいごうたのも)の妻千重子
c0127505_23231422.jpg
c0127505_23232431.jpg

c0127505_23382274.jpg

c0127505_2340255.jpg

[PR]
# by laputa21 | 2008-10-04 23:17 | きものde来武

おむすびころりん演奏会

ラピュタotonaの文化祭、今年もはじまりましたっ!

1日(水)より、「武生今昔物語」と題しての写真展を皮切りに、5回目の今回も「武生の暮らし方~衣・食・住~」をテーマにして、いろいろな企画をお届けします。

本日3日(金)は、府中町屋倶楽部で「おむすびころりん演奏会」が行われました。

地元の「お米・天然塩・梅干し」を使ったおむすびと、フルートの演奏のコラボという、最初はいったいどんな企画?と思われた会でしたが、いやはや参加してみてその「つながり=結び」に、びっくり!

まずは、最初にフルートの演奏にしばしうっとり。。。演奏は河原さん。(このときは素敵なブルーのドレスで。)

c0127505_23293280.jpg


その後、「塩にぎり」を味わって、ひとしきり。
ぴかぴかと美しいおむすびは、上坂さんという「日野自然学校」のメンバーの方が作ってくださいました。

次は、あの「森のイスキア」で有名な佐藤初女さん直伝の「おむすびの握り方」を。
ラップを使って、ひし形にご飯を置き、その真ん中に梅干しをおいて、ふんわりと握る。
そうすると、ご飯粒がほどよくくっついた、あんばいのいいおむすびが完成!

c0127505_23301450.jpg


実は、防災士の資格もお持ちの西野さん。

万が一のとき、さっとおむすびがつくれることも大事、となかなか奥の深いコメントもはさみつつ。。。へェ~

今回のおむすび体験には、玄米と酵素玄米の二種類を用意してくださって、その特徴などについても、経験談などを交えて、楽しくトークしてくださいました。

c0127505_23311180.jpg


そして、おなかもいっぱいになったころ、再びフルートの演奏。(このときは、なーんと赤いもんぺ?姿にっ!)

c0127505_23293280.jpg


昔なつかしい童謡などは、河原さんお手製の歌詞カードを手に、「歌声喫茶ならぬ、歌声おむすび?」。

河原さんもトークが絶妙で、リクエストにもさっと答えつつ、何曲も演奏してくださいました。

しっとりと秋の夜長に、おなかもこころも満たされる、とてもあたたかい会となりました。

素敵な企画をしてくれた、西野さん、河原さん、上坂さん、どうもありがとうございました~♪

*とりあえず文章のみ、UPしました! (えるば)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
明日4日(土)は、恒例の「きものde来武」です!
まだお席に余裕がありますので、ぜひという方はご連絡を~♪
[PR]
# by laputa21 | 2008-10-03 22:53 | おむすびころりん演奏会

輪になって語ろう!コミュニティ・レストラン

今日は「otonaの文化祭」の最終日の最後の企画は『輪になって語ろう!コミュニティ・レストラン』です。講師は特定非営利活動法人NPO研修・情報センターの代表理事であり、金沢大学大学院教授でもある世古一穂先生です。以前にも武生にいらっしゃったことがあり、久しぶりの再会です。

今年が「食」弐関心のあるラピュタが、食を通してもっと身近なコミュニティ・ビジネスの講座をと思ったのがこの企画の動機です。福井県コミュニティビジネス推進協議会主催の「第1部」(午後2時から武生商工会議所で開催)に引き続き、午後5時からケアサポート・春駒で3時間3部構成(Part1~3)で企画しました。「第1部」は、協働のあり方を知るために、行政セクター・NPOセクター・企業セクターの役割の違いやその仕組み、あるべき姿について講義を受けました。そんなこと分かってやっている自治体はどこにいるのーー?市役所の管理職の方にこそ聞いて欲しい充実の内容でした。個人的には◎。

そして、「第2部」はの会場は、ケアサポート春駒です。春駒は、旧料亭を活用して、高齢者を中心にお弁当の配色サービスなどを行っています。そこの大広間で講義を行いました。料金は、テキスト代1200円+ケアサポート春駒のお弁当体験費600円の合計1800円です。
c0127505_22283938.jpg
▲第2部は、コミュニティ・レストラン(コミレス)に的を絞り、事例たっぷりに講義を受けました。途中、プロジェクターの電球が飛ぶハプニングもありましたが、テキストを基に事例やノウハウを学びました。
第2部はのPart1は、世古先生の講義です。これまで10年以上にわたってコミレスを育て、支援してきた全国のコミレスの事例をご紹介いただきました。
c0127505_22311061.jpg
▲Part2は、県内でのコミレス経験者からの体験発表です。まずは鯖江市でコミュニティ・カフェここるを運営していらっしゃる清水さんの発表です。詳しいことは、「カフェ&ランチ ここる」電話0778-54-0553までお問合せ下さい。ホームページもあります。http://www.sabae-npo.org/doyano/kokoru/
c0127505_22285510.jpg
▲続いて、ケアサポート春駒で運営にあたる大久保恵子さんからの発表です。詳しいことは、「ケアサポート・春駒」電話・FAX0778-22-0253までお問合せください。
c0127505_2229829.jpg
▲遠くは小浜市からの参加者を含め、全部で29名の方に参加いただきました。
c0127505_22292967.jpg
▲Part3は、春駒で出しているお昼のお弁当そのままを体験しました。料金は600円。地産地消を目指して地域の食材をなるべく使い、カロリーを600カロリー未満におさえている安心安全なお弁当です。
c0127505_22294473.jpg
いかが~♪
[PR]
# by laputa21 | 2007-10-14 22:27 | コミレス講座

今日は「弐の市」なのだ

c0127505_22262059.jpg
c0127505_2226318.jpg
c0127505_2226402.jpg
c0127505_2227293.jpg

[PR]
# by laputa21 | 2007-10-14 22:25 | 壱の市(いちのいち)

Jazz蕎麦 と 劇団13番外公演「まちさん」 に酔う

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Jazz蕎麦
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第1回目の「Jazz蕎麦」。蔵の辻の中にあるお蕎麦屋さん「蔵の辻」さん(ややっこしい名前ですが)で開かれました。蔵の辻さんは、地元池田町産のそば粉を使った手打ち蕎麦を食べさせてくれます。おろし蕎麦はもちろん、かわり蕎麦って言うのがあって、今日はゆずが練りこまれている「ゆず蕎麦」でした。香りを消さないよう、あっさりと塩で頂くのが美味しいお蕎麦です。
c0127505_030382.jpg
▲手づくりのスピーカーのことをお聞きしています。真空管を使っているんだそうです。
c0127505_0305255.jpg
▲Jazzを聞きながら、蕎麦におでんを頂いてます。
c0127505_031739.jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
劇団13番外第22回公演  「まちさん」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
街シリーズの第3弾!「まちさん」は、その名の期待通りに、文句なしのできばえ。今回、劇団20周年記念公演ということで、はるばる大阪から元団長だとか、5年ぶりに女優やる方がいらっしゃったりで、いつも以上に変化にとんだ舞台でした。会場の府中町屋倶楽部の使い方は最高! 最初っから最後まで、笑いの渦のなか、町に住むことの意味をつっつきまくった作品でした。これは見なきゃダメでしょ!
c0127505_0312299.jpg

「まちさん」は、明日もあります。 午後1時からと、5時からです。入場は1000円。お見逃しなく!
[PR]
# by laputa21 | 2007-10-13 22:24 | 劇団13番街